歯科のロゴデザイン

menu

歯科のロゴデザイン

HOME » クリニックのロゴ » 歯科のロゴデザイン

総合病院で働いていた歯科医師が開業するにあたっていろいろな準備を進めると思いますが、その際に歯科のロゴをどうするか?という問題が出てくるはずです。
ロゴは歯科だけでなく開業しているクリニックにとっては看板になるものであり、できるだけインパクトを与えられるものでなければいけませんから、じっくりと準備していく必要があります。

総合病院であればそこで働いているだけで患者さんも来ますし、経営について考えることもなかったと思いますが、開業することによって経営についても考えなければなりません。
せっかく歯科を開業しても患者さんが来てくれなければ利益が出ませんので続けていくのも難しくなってしまいますし、何より患者さんが増えれば地域への貢献はもちろん歯科医師としての信頼性も高くなるメリットがあります。

とは言え、歯科は全国各地にありますから、なかなか新規のところが患者さんを獲得していくのは難しい場合もあります。
特に地方ではすでに通いなれているところがあると、そこから新しいところへ変えることをしない人も多いですし、お年寄りなどは慣れているところで診察してもらいたいという思いが強い分、よりその傾向が強くなります。
ですから、できるだけ新規の患者さんを獲得していくためにはファーストインパクトが重要になりますし、そのためには覚えてもらいやすいロゴをデザインすることは効果があるはずです。

それでは覚えてもらいやすいロゴをデザインするうえでポイントになるのはどんな部分かと言うと、まずは「オリジナルティのあるデザイン」で、これはほかの歯科にはない部分を強調することだけではなく、いかに印象に残るかをイメージしてください。
歯科に限らず病院・クリニックの場合はあまり奇抜なデザインにするよりもシンプルで覚えてもらいやすいデザインにするほうが患者さん側にも好印象を与えられますし、それができれば新規の患者さんの獲得にもつながりやすくなるでしょう。

たとえば歯科の名称をそのままロゴに使うにしてもどのようなフォントにするのかも重要になりますし、ちょっとしたマスコットを制作して付け足すと親近感も沸いて良い印象を持たれるきっかけにもなります。
ロゴのデザインは必ずしもこれが正解というものはありませんので、まずはほかの歯科がどんなデザインのロゴを作っているのかチェックしてみて、その後自分たちはどのようなデザインにするのか決めるといいかもしれません。